INTERVIEW 自分のビジネスプランを理解してもらえて素直に嬉しかった

株式会社アジラ
木村 大介

起業の動機、きっかけ

ディープランニングという革新的な技術のポテンシャルを目の当たりにした。

Webサービスの大手企業に勤務していた2014年、ディープランニングのポテンシャルを目の当たりにした。この暴れ竜のようなポテンシャルは会社組織という器の中では活かしきれないと感じ、この技術に特化したアジラを創業を決意した。この創業までの過程、そして創業直後に想いを共有できる仲間と出会えたことも創業意欲を後押ししてくれた。

起業で苦労したこと、悩んだこと

運営資金の調達には苦労した

技術的に良いものを作り上げる自信はあった。信頼でき、想いを共有できる仲間もいた。しかし、会社経営はそれだけでうまくいくわけではない。ビジネスモデルがR&Dを伴う経費先行型だけに売上はどうしても後になる。このため、資金繰りをどうすべきかという点については悩んだ。スタートアップ企業にはありがちだが、運営資金の調達には本当に苦労した。

起業して良かったこと

志を同じくする仲間ができたこと、その仲間と共に喜びや苦しみを分かち合える

暴れ竜のようなポテンシャルを活かしつつ、同じ想いを持つ仲間と一緒に喜びや苦しみを分かち合いながら当社のミッションを具現化していく。その結果がユーザーの方々のお役に立つことにつながることが嬉しい。

入居理由

入居審査面接で自分のビジネスプランを理解してもらえて入居が決定した時は素直に嬉しかった。

物理的には自宅が近かったことと、賃料が安かったことに尽きる。スタートアップの際の利便性を含む業務効率とランニングコストを考えたとき、自宅に近く、コストを抑えられる場所を探していた。そんな中、町田新産業センターの入居者募集情報が希望に合っていたため応募を決めた。他にも入居希望者がいる中での入居審査面接、合格できる自信はあったが、自分のビジネスプランを理解してもらい、入居が決まった時には素直に嬉しかった。

入居して良かったこと

周りに創業・起業した事業者がたくさんいることは大きな刺激

センターへの入居条件として年2回、決算時と中間期の面談が必要となる。多忙のなかで時間を取られるため正直なところ面倒と思うこともあった。しかし、面談日時はこちらの都合に合わせて調整してもらえ、苦手意識があった財務会計面についても的確なアドバイスがもらえるため、今ではメリットと感じている。その他にも常駐するインキュベーションマネージャーにいつでも気軽に相談できる安心感もある。また、業種は異なるが、創業・起業した事業者が周りにたくさんいることは、自分にとって大きな刺激となっている。

今後の目標

2022年に東証に上場する

当社の独自技術である行動認識技術を世界中の誰にも到達できない水準に高め、その技術が当社のミッション通り、人々の生活を豊かで創造的なものにするため役に立つものとなること。そして、その結果として当社がIPOを果たすことが目標。

株式会社アジラ TEL 050-3425-4721

AIテクノロジーにより人々が創造的で豊かな生活を送れるようにすることをミッションするディープランニングを活用した画像認識技術の提供。(1)AIアプリケーションの企画開発と提供、(2)姿勢推定・行動認識・違和感検出などのオリジナルモデルを活用した技術課題の解決策の提供を目的とするAIソリューション事業の二つを事業の柱とする。2019年、手書き文字をデジタルデータ化するAI-OCR Jijillaを発売。町田本社のほか、ビジネス拠点として大手町、開発拠点としてハノイに各拠点を置いている。